ホーム » 製品紹介 » 製品 » ジェニベルトMD/ジェニベルトSD

ジェニベルトMD/ジェニベルトSD

Intralogistics_Products_CrossBeltSorter_01

・ジェニベルトMD
・ジェニベルトSD

クロスベルトソータの技術は、1本または2本の横方向のベルトコンベアを装備した運搬装置ユニットが繋がった隊列によって構成され、各コンベアの独立した動作により、インダクションラインで受けた荷物を正確に割り当てられた行き先へ自動で移動させることを可能にしました。
フィブのクロスベルトソータは、非常に高い処理能力と最小限の騒音レベル又、その信頼性と作業効率により付加価値の高い最高級の仕分け装置として認められています。
クロスベルトソータは自由に配列することができ、エンジニアは宅配便、郵便、流通、空港などあらゆる顧客の要望を満たすため、個々の案件に応じたソリューションを設計できます。
部品の冗長性や並列するデザインはフィブのクロスベルトテクノロジーに備わった大きな特徴であり、システムの最高の信頼性を保証するものです。
荷物が不適切な位置に並ぶなどの乱れが生じた場合でも、仕分操作には影響しません。与えられた時間内に保守機能が速やかに作動するからです。
クロスベルトソータの搬送面は水平で且つ、精製されているため、取り扱える製品の範囲が最も広く、また同時にコンベアベルトの高摩擦面が、荷物の接触、横滑り、転倒や損傷を防ぎます。
搬送中の荷物は、丁寧に扱われ、確実に制御され、正確な荷降し軌道を通り、重力に関係なく正確に仕分けられます。
フィブは、20年以上の経験と1,000台以上のソータ供給実績に支えられ、整備しやすく操作もしやすい、今日最も信頼のおけるクロスベルトテクノロジーを提供しています。