フィブグループについて

フィブイントラロジスティクスは、幅広いアプリケーションに対応する多種多様な機種を取り揃えた世界でも有数の物流システムメーカーです。これまでに日本、米国、ヨーロッパ市場において1,000台を超える自動仕分システムを世界の産業界に送り出してきました。

物流にまつわる独自の技術と経験により国際宅配、トラック業者、空港のバゲッジハンドリング、通信販売、出版業者、郵政、その他各種メーカーの物流センターにおける仕分け作業において、様々な分野でのニーズを満たし、物流の合理化に大きく貢献してきました。

また各国に物流機器をご提供する中で培ったノウハウを生かし、単なる機器の提供に留まらず、既存のオペレーションとの相乗効果や、動線設計を考慮した総合的な提案が可能となっています。

受発注、出入庫、商品管理、顧客管理などトータルパッケージはもちろん、個々のモジュールを組み合わせ、既存環境にも柔軟に対応できる情報システムもご提供しています。また、幅広いアプリケーションに対応することで、より質の高いサービスのご提供を目指します。十分な知見と最先端の技術で、本質から改善する最適なシステムをご提案いたします。

私たちは2020年現在、日本の他にアメリカ、イタリア、フランス、中国で現地法人を構える国際グループに発展しています。日本法人では兵庫県にある本社のほか、関東支社、韓国支店を構え、地域性や特色を十分に理解した物流システムをご提供しています。

フィブグループについて

フィブイントラロジスティクスは世界中の様々な分野に事業をもつフィブグループの一員です。フィブグループはフランスを拠点とし、工業用エンジニアリングを世界で展開してきました。19世紀前半に創業し、ロシア、中国等のヨーロッパ圏外で初の蒸気機関車をはじめ、エッフェル塔のエレベーターやオルセー駅(現オルセー美術館)、アレクサンドル3世橋といった、今では歴史的建造物として知られる建築物にも当時の最新技術を提供。このほかロシア、ポルトガルには鉄橋を、ブラジル、アルゼンチン、キューバには砂糖工場を建設し、世界各国のさまざまな分野の産業発展に大きく貢献しました。

1950年代には、産業界の優良企業を積極的に獲得。高度な技術力でヨーロッパのみならずアメリカ、アジアへと進出しました。

現在は、物流、自動車、鉄鋼、アルミニウム、セメント、エネルギーといった分野を中心に、工作機械や生産設備の設計開発をはじめ、製造、販売、エンジニアリングサービスを展開。プロジェクトの規模や、現場環境に最適化した付加価値の高いソリューションを提供し、産業を支える現場をサポートしています。