プロジェクトマネジメント部 岡田さん

2015年入社

 

―現在のお仕事内容を教えてください

 

主に受注したマテハンシステムの検収や保証期間までの予算設定、そしてスケジュール管理及び仕様の確認といったマネジメントを行っています。 お客様からの要望をお聞きして、真に解決したい課題を理解して仕様を限られた予算と納期の中で何ができるのかを考え現実にしていきます。プロジェクト単位での仕事になるので受注から機械設計、据え付け、引き渡し、引き渡し後のフォローまで一貫して関わっていきます。

その他には海外を含めた協力会社さんの技術的な要件に関する折衝や購入後の納期管理なども行います。

―仕事のやりがい、楽しさを教えて下さい。

 

プロジェクト完了時にお客様から「便利になった」「使いやすくなった」といわれるときですね。課題をクリアする知見や知識を大切にし、いつでも提供できるようにブラッシュアップしてきました。そんな学びと成長が役に立った時は嬉しいですね。

マテハン業界は日々進歩していて、自社の機械だけではなく、さまざまなメーカの設備を使用して新しいことにチャレンジできるのはフィブならではないかと感じます。

※フィブイントラロジスティクスは「ファブレス」といった自社工場を持たず、常にクライアントに最適を選択し提供できるスタイルでサービスを提供しています。

―これまでのフィブでのお仕事で印象に残るエピソードを教えてください。

 

総長1.3㎞と1.1kmの2本のクロスベルトソータを日本で納入したことですね。 通常よりも非常に長く、技術的な課題点も多く、また、カーブしながら傾斜がある構造。日本最大級なので当然初めての経験。社内や海外メーカの方と対話し、あらかじめ考えられる懸念点洗い出して一歩ずつクリアしていきました。特にこの時には港湾業者のストライキがあったり、コロナが始まって船が全然入ってこなかったり、日本でつくった製品とイタリアの製品の組み合わせがうまくいかなかったり。と課題が頻発しました。ですが、部署の垣根を超えてプロジェクトを共に戦ってくれた仲間(メンバー)がいたおかげで乗り越えることができました。

当然かもしれませんが、2年近くに及ぶ長いプロジェクトでしたので、初めて動き出したときは大きなやりがいを感じました。

他のインタビューを見る