NEWS

  • 2019 / 03 / 17

    ルーマニアのSameday Courierへジェニベルトソータを納入

    グループニュース/ルーマニア

    Sameday Courier(セイムデイ・クーリエ)は、ルーマニアで最初の、そして現在唯一の速達便配送会社であり、地域一帯のルーマニア国内外の目的地へ同日配送を実現しています。時間通りに配達することを常に最優先し、あらゆる範囲の速達サービスを提供しています。
    Sameday Courierは自動化への投資活動を拡大しており、そのために、ブカレストにある施設への仕分けシステム導入にあたり、フィブを採用しました。

    フィブは効率性と高性能ハンドリングを保証するシステムを研究し、ジェニベルトソータを納入しました。高速インダクション、データ収集機能、シュートと上流/下流のコンベヤを完備し、毎時17,800個の荷物の仕分けが可能です。
    この施設は今年の11月末に稼働を開始し、Sameday Courierのすべての顧客に高水準のサービス提供を保証します。

  • 2019 / 02 / 24

    ベルギーのDHLサービスセンターで新たな地上業務に貢献

    グループニュース/ベルギー

    DHL Expressは220以上の国と地域にまたがる世界規模のネットワークによって、270万社にものぼる顧客に向け、速達便をドアtoドアで時間通りに確実に輸送する、世界有数の国際エクスプレスサービスプロバイダです。

    各国の顧客の要求に応えるために更なる効率化をめざし、DHLはベルギー/リエージュにある新しいサービスセンターの自動化にフィブの技術を採用しました。
    フィブのターンキーソリューションはEASY-Capture™やスイベル(自在継手)技術を含む双方向採寸・計量・仕分システムを導入し、毎時最大3,000個の荷物を出荷することで国内発送・国外発送の両方の業務を処理することができます。このシステムはすでに稼働しており、DHLのプロジェクトチームにもご満足いただいています。

    DHLはその業務能力を世界中に拡大するためのパートナーとしてフィブを選び、最先端の物流施設への投資を続けています。

  • 2019 / 02 / 13

    フランス郵政公社La Posteが法令順守のためのハブ拠点改修にフィブを採用

    グループニュース/フランス

    フランス郵政公社La Posteは航空保安上の新たな規制を満たすため、シャルル・ド・ゴール空港内の国外発送用搬送システムと新しい防犯装置を接続する全面改良をフィブに一任し、この改良工事は運用を一切停止することなく実施されました。

    今回採用されたフィブのソリューションでは、バーコードリーダートンネルとRFIDシステムによって様々な荷物を確実に追跡できます。また、新しい防犯装置と連動して、コマンド制御装置が荷物の監視と仕分けを行います。
    2019年11月に全面稼働が始まると、La Posteは新たな航空セキュリティ要件を満たした上で、毎時最大3,300個の取扱いが可能になります。

    プレスリリース(英文)はこちら

  • 2018 / 10 / 25

    【DODA転職フェア】11月開催 (大阪)に出展!(終了しました)

    本イベントは無事終了しました。

    【DODA転職フェア】11月開催:大阪 に出展します。

    11/2(金)、11/3(土)
    梅田 ハービスホール
    ブース番号:66
    【DODA転職フェア】:大阪

  • 2018 / 09 / 03

    国際物流総合展2018出展のお知らせ

    2018年9月11日(火)~9月14日(金)東京ビッグサイトで開催される国際総合物流展に出展いたします。

     

    ブースは 4-610 です。

    物流展の公式サイトはこちら

     

  • 2017 / 09 / 21

    環境への取り組み

    環境方針(2010 年度に品質方針、環境方針を統合)
    顧客要求事項を満たすこと、法令・規制および同意したその他の要求事項を順守し、社内基準を定めて品質保証・環境保全に努めながら、統合マネジメントシステムの継続的改善を図ります。
    年度経営目標を設定し、その達成を図ります。
    エネルギーや天然資源を効果的に使用し、材料の回収および再利用のため、システムを推進し、汚染の予防に努めます。
    仕入先や協力会社に対しても、当社の経営方針に基づいた活動を奨励し、品質・環境に対する価値観を共有するよう推進します。
    全ての従業員および現地の作業員に、この経営方針を理解させ、示された要求事項を周知させると共に、実現するために必要な資源と知識を提供します。

    ISO14000シリーズへの取り組み
     フィブイントラロジスティクス株式会社は2004 年11 月に世界的な認証機関である、ロイド・レジスタ-・クオリティ・アシュランス(LRQA)からISO14001規格の認証を取得して以来、「経営方針」に基づいて、全従業員は環境保全に取り組んでまいりました。

     

  • 2017 / 08 / 02

    自動管理システムの「Syleps(シレップス)」社(仏)をグループ傘下に

    この度、フィブイントラロジスティクスグループは、自動倉庫分野で高い評価を得ているフランスの「Syleps(シレップス)」をグループ傘下におさめました。

    「Syleps(シレップス)」社概要

    1975年設立。本社はロリアン/フランス。3PL、e-コマース、流通等様々な分野において倉庫等インハウス物流での自動フローソリューションを提供。ヨーロッパ諸国に拠点を置き、プロセス工学、産業ITシステムを駆使し、特に保管、ロボットパレタイジングを得意とする。年間売上高約4,000万ユーロ、従業員数230名。

    記事詳細 – こちら(英語)

    「Syleps(シレップス)」社詳細は、こちらから(フランス語)

     

  • 2016 / 09 / 20

    物流展”Logis-Tech Tokyo 2016”閉幕

    4日間の物流展が無事終了いたしました。
    大勢の方にご来場いただき、誠にありがとうございました。
    フィブはこれからも皆様のパートナーとして、課題に取り組んでまいります。
    今後ともご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

     
    IMG_1067

    IMG_8778

  • 2016 / 09 / 13

    物流展が始まりました

    image

    image

  • 2016 / 09 / 07

    国際物流総合展出展のお知らせ

    2016年9月13日(火)~9月16日(金)東京ビッグサイトで開催される国際総合物流展に出展いたします。
    logistechbooth

    場所は 東2ホール ブースNo.402
    logistecFIL

    会場全体のご案内/FLOOR MAP